温泉旅行では、昔から暗黙のマナーなどがあり、それは日本人だと良く心得ているものでしたが、最近は外国人客も増えてきましたので、入浴のマナーを理解しない外国人の観光客の話も時

亡くなった祖父母たちとの旅行
亡くなった祖父母たちとの旅行

温泉旅行と入浴のマナー

温泉旅行では、昔から暗黙のマナーなどがあり、それは日本人だと良く心得ているものでしたが、最近は外国人客も増えてきましたので、入浴のマナーを理解しない外国人の観光客の話も時々耳にします。また日本人でも、子供や若い人たちを中心にマナー違反があり、責任者や親が最初に教育をしておく必要があります。大人の場合には、団体客の宴会の後での酔っ払いが、よく騒ぎを起こしたりします。浴槽に飛び込んだり、騒いで入浴をしたり、酷い場合には女湯を覗いて従業員に注意されたりすることもあります。

また子供の場合には、飛び込んだり、泳いだりする場合があり、中には浴場で暴れすぎて転んでけがをして、救急車を呼んだりすることもあります。危ないですし、迷惑がかかるので、やはり親が注意をする必要があります。他人だとなかなか難しいからです。そのほか衛生面では、入浴前に、流し湯をして、汗などを落としてから入るのも常識です。

またお酒を飲んではいるのは良くないことで、血圧が上がりすぎて、倒れたりする場合もあります。特に年配の人の場合には、入浴時に亡くなる人が非常に多いということもあるので、その点も注意が必要になります。そのように観光旅行で温泉に入るということでは、マナー厳守ということで入浴をすべきです。他の人に迷惑をかけないのが基本です。

お役立ち情報

Copyright (C)2017亡くなった祖父母たちとの旅行.All rights reserved.